ブログトップ
<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
紗の小紋、出来ました。
b0094438_128352.jpg紗の小紋が仕立てから返ってきました。

正絹の絽を買いに行ったのですが
予定変更でこれに決めたのです。

私にしては、ちょっとした冒険です。
実は化繊を仕立てたことがありません。
その上、花柄・・・私らしくない。

化繊と言えば「ガシガシ」したイメージを持っていた私ですが、触ってみると大違い。肌触りがよく、指の間をスルスルっとすべる生地にも満足です。
そして何より薄紫色が少しさしてあるこの花がなんとも可愛かったのです。

待つこと一ヶ月。
最初の予算にくらべれば、随分安く上がりました。
帰り際に、目に留まった夏帯をお願いしてしまっては
安く上がったも何もないのですが・・・


おせらし、下位の方で密かにがんばってます。ぽちり、をお願いします



[PR]
by oserashi | 2006-06-13 12:15 | 着物
紋入れ、できました。
b0094438_9432723.jpgへんな書き込みでぐずぐず言ってる間に、紋入れが出来てきました。

私は描き紋を希望、色もうっすーい緑で。

この、色無地は本当にしっかりしていて「絹は軽い」という何の根拠もない私のイメージをガツンと砕きました。

地模様も入っていなくて、けっこう高級品です。

17年前に一度。披露宴で仲居に間違えられたといういわく付き。

あと30年は着られるから、考えてみればお得かも。

おせらし、下位の方で密かにがんばってます。ぽちり、をお願いします



[PR]
by oserashi | 2006-06-13 09:48 | 着物
「きもい」って・・・
b0094438_10204940.jpg


先日、ブログのコメント欄に「きもい」って書き込まれました。
投稿者は、私になっています。
しかも非公開コメントで、親切にも私にだけ私が「きもい」ことを伝えたかったらしいのです。

夜中なのでもしかして寝ぼけて私が書いたのかと、
何回も確認したけど、NO。

これまで、「ブス」とか「デブ」とかは慣れてしまうほど聞いたけれど
「きもい」は初めてで、かなり凹みました。

万人に好かれようなんて思ってはいないし、
ブログをやっている限り心ない書き込みなど気にしていてはキリがないでしょう。

でも、たった3文字では余計にリアルで気分は今日もブルーです。
[PR]
by oserashi | 2006-06-09 10:27
対丈、裄丈足らず、NG.
着物に対しては、けっこう真面目なタイプで。
ルールに沿って着るというのが、
ルールの中でどれだけ遊べるか、っていうのが、
趣味の着物の醍醐味だと信じてやまないのです。

アンティーク着物は大好きで、
25才くらいの時に小紋を誂えようとして、
「どんなのがお好み?」と聞かれ、
「戦時中に都会の人が芋と交換するために田舎に持っていったような着物」
と答え、店員を焦らせました。

昔の人は何でそんなにちっちゃいんだ、と
着たいアンティーク着物を見るたびに、心の中で叫びます。
今の仕立てでは余分な布は縫い込んでしまうから
お直しも難しくはないけれど
昔は余り布で、バッグや草履を作ったり、
パッチワークのように継いで、布団皮や子どものちゃんちゃんこにしたりと
縫い込む余裕はなかったようです。

私の身長は161センチだから、本では前後10センチの身丈ならイケる、と書いてありますが、短い着物は実に着付けにくいのです。

私の一番着付けやすい身丈は4尺3寸5分。だいたい165センチくらいです。

最近の若い子は端折らず対丈でも全然平気、着たいものを着たいの!
なんて、よく聞きます。

いろんな考え方があるけれど、私には考えられないのです。
同じ理由で、裄丈足らずも。
アンティーク着物、いくら柄行が素敵でも裄が足らなけりゃ話にならない。

って、どうしても欲しかったアンティーク着物が小さすぎたんです。

ちょっと愚痴ってみました。



[PR]
by oserashi | 2006-06-05 18:13 | 着物